確定申込時の注意事項について

 

 

1.コロナ対策について

 (1) 【別紙8】「技能章キャンプコロナ感染症感染防止対策」(以下感染防止対策)を
    熟読してください。

 (2) 松山地区の感染防止対策で不十分と思われる場合は、参加を控えてください。

     〇臆辰垢訃豺腓【別紙3】「確定申込書」の保護者承諾印を押印し提出してください。

 (3) 初級スカウトは、受講できる技能章を制限する。

 (4) 参加者の体調及び周辺の環境によって参加を拒否します。

     ‖猟瓦よくない場合(例 発熱・咳・喉頭痛などの症状がある場合)

    ◆‘欝鏖搬欧篆閥瓩蔽凌佑亡鏡が疑われる方がいる場合

     過去1か月以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、
      地域等への渡航又は当該在住者との濃厚接触がある場合

    ぁ_甬14日以内に感染拡大している県外への旅行を行った者【別紙8】参照

 (5) 参加受付時の検温で熱がある場合は、参加を拒否します。
    (目安は、37.5度以上とする)

 (6) 期間中に、主催者が指示したコロナ対策を行わないスカウトは、帰宅させる。

 (7) 期間中に体調不良の場合、救護所担当者の判断で帰宅させる場合がある。

 (8) コロナ感染が疑われる場合は、取得した個人情報(参加者氏名・年齢・住所・電話番号等)を、
   野外活動センター及び関係機関に提供する場合があります。

 (9) 【別紙7】「技能章キャンプ感染症対策フロー図」を参照

 

 

2.技能章キャンプ参加者

 (1) 技能章の考査項目及び日程を確認し【別紙3】「確定申込書」を提出して下さい。

 (2) 受講希望日に受講項目を記載する。

 (3) 初級スカウトは、受講できる技能章を制限する。

 (4) 事前に口述準備や報告書を作成しているものについては、休憩時間に考査員に考査を依頼することが出来る。

 (5) 考査に必要な資料や準備品は必ず準備してくること。
   (コロナ対策のため、共用する資材を制限する)

 (6) 宿泊なしで、日帰りとする。

 (7) 昼食は各自で持参とする (スカウト弁当など)。

 (8) 期間中の水分補給は、各自持参とする。
   不足する場合は、各自、場内の自動販売機を利用してください。
   ※松山地区として、お茶の準備は行いません。

 

3.奉 仕 者

 (1) 日程調整し、【別紙5】「奉仕者確定申込書」を提出して下さい。

 (2) 技能章考査員及び指導員として、各団の隊長・副長の奉仕をお願いします。

 (3) コロナ対策等の奉仕は、各団、毎日2〜3名程度お願いします。
    ※ BS、VS以外の指導者の奉仕も可能です。

 (4) 県内在住のローバースカウトの奉仕をお願いします。
    日当として、1日1,000円を支払います。 (県外在住は不可)

 (5) 奉仕者の参加費・食事の負担金は徴収しません。

 (6) 奉仕者の昼食は、用意します。

 (7) 出来るだけ奉仕予定を変更しないでください。追加奉仕は、歓迎します。

 (8) 確定申込後に奉仕内容は決定し、団を通じてお知らせします。

 (9) 奉仕者も事前の【別紙6】「健康観察記録票」を作成してください。

 

4.参加経費の追加

 (1) コロナ対策経費が多額になるため、一部負担を新たにお願いするものです。
    1日500円をお願いします。

 

5.確定申込総括表

 (1) 団で参加者を確認の上、作成して下さい。

 (2) 参加費の合計額を、団名を記して、松山地区に振り込んで下さい。

    例 (松山7団→マツ7ギノウ)

      (北条→キタ2・東温→オン1・砥部→トベ1・松前→マエ1)

 

6.参加費の返金

 (1) コロナ感染症拡大のため、技能章キャンプを中止した場合は、全額返金する。

 (2) コロナ感染症のために、参加ができない者は、全額返金する。

 (3) それ以外の理由での不参加は、返金しない。
   特に、感染症が心配で不参加とした場合も、返金しない。

 

 

TOPへ戻る